セロトニンとチョコレートを上手く使って幸せ気分&健康に!

健康についての情報を調べると、必ずといっていいほど突き当たるのが「ホルモン」です。人間の体内で分泌される物質であるホルモンには、実に様々な種類があるのですが、これらがハーモニーを奏でつつ正常に機能している人ほど、心身の健康バランスがとれた生活を送りやすいのです。

 

例えば、セロトニンという物質があります。人間が深い充足感を感じた際に分泌され、いわゆる「幸せな気分」「前向きな気分」を感じさせる役目を持っているため、別名幸せホルモンともよばれています。

 

このセロトニンが不足してしまうと、今度は慢性的な疲労を感じてなかなか回復できなかったり、気分の落ち込みが続くようになります。それが発展した場合では、不安障害やうつ病などの心的な疾患を発症してしまうこともあるので、要注意です。

 

このセロトニンを、十分な量で体内に維持し続けるのが、健康のためには不可欠です。セロトニンを意識して分泌させるにはいくつか方法がありますが、その中でも簡単に取り組めるものを見てみましょう。

 

まずは、太陽の光を適度に浴びることです。一日に数十分ほど、屋外や窓辺にて陽光を浴びるように心掛けましょう。日焼けまでする必要は全くありませんが、適度に紫外線を浴びることで、セロトニンの体内分泌を助けるビタミンが作られます。乱れた体内時計をリセットし、一日の終わりにスムーズな睡眠を導入する効果もあります。

 

次に、適度な軽運動を行いましょう。過激な運動ではなく、ゆっくりと自分に合ったテンポで続けられる有酸素運動がおすすめです。ゆるやかな水泳やウォーキング・ジョギング、そしてヨガや体操などを楽しみつつ定期的に行うと、ストレス発散にもなり、脳内でセロトニンが作られやすい環境になります。

 

そして、最後に食生活の見直しです。セロトニンの分泌を助けたり、後にセロトニンになる成分を含む食品はいくつかあります。良質の植物油やナッツ、青魚などに多いので、これらを積極的に献立に取り入れましょう。

 

また、カカオ配合量の多いチョコレートは、トリプトファンというセロトニンの増加を促す成分を含んでいます。これが原因で「チョコを食べると幸せな気分になる」ことが多いのですね。ただ食べ過ぎてしまうと、今度はチョコレートがないといてもたってもいられない、チョコがなければ幸せになれない…という依存状態になってしまうので気を付けましょう。

 

良質のカカオを原料にした美味しいチョコレートを少量、とっておきの時間にゆっくり味わうのが正しい摂取の仕方です。普段の生活に気を配りながら、プラスでチョコレートをうまく使って「幸せホルモン」セロトニンを増やしていきましょう!

おすすめ人気トピック

ダイエット 精神 修行
ダイエットって精神の修行に近い
脇脱毛キレイモ
脇脱毛キレイモ口コミ効果体験談最新版はここから
パニック障害 緩和
パニック障害の辛い症状を緩和させる対処法について
アンダーヘア脱毛器
アンダーヘア脱毛器おすすめはケノン!
パニック障害 世間 認知
世間に認知され始めたパニック障害