セロトニンの働きを改善してくれる作用のある乳酸菌

セロトニンの安らぎ効果は知られているのですが、脳内のセロトニンそのものを増やすことは難しいとされています。飲み薬の処方によりセロトニンを増やすことができますが、うつ病などの症状を患う場合に限り処方されるべきお薬です。

 

病的な症状まで発生していなくても、セロトニン不足に悩む人が実に多いものです。睡眠不足や気分の落ち込み、自律神経の働きの乱れ、冷え性、痛みなどの症状もすべてセロトニン不足によるものです。これを補うことさえできれば、気分の落ち込なども解消することができますし、安眠効果もありますから体の代謝も良くなります。

 

精神面での安定がセロトニンの大きな効果です。セロトニンは乳酸菌を摂取しても増えると言われていますす。腸の中には90%以上ものセロトニンが働いているのです。このセロトニンは体の各部分に影響を与えていますが脳にこのセロトニンは運ばれることがありません。

 

体の中は非常に繊細な作りとなっており、脳の中は必要以上の成分が通過しないシステムとなっています。血液脳関門という作用により、セロトニンが増えても脳のセロトニン自体が一気に増えるわけではありません。それでも腸内フローラの状態を常に良くしておけば、自律神経に直接働きかけてくれるので、精神面での様々な症状も和らげてくれる作用があるのです。

 

実際に動物実験等でも、乳酸菌がうつ症状を改善する効果があることは証明されています。セロトニンの伝達や症状改善までの体内の働きについては、解明されない部分も多いのですが、腸内のリズムが整えば、セロトニンを含む神経伝達物質の調整も結果的にうまくいくのです。

 

このような理由から、乳酸菌はうつ症状がある場合には有効とされています。逆に腸内のバランスを悪くしてしまうのがストレスによる影響です。ストレスを受け続けないということも、セロトニンの不足を解消する種には必要不可欠です。日本人にも身近な味噌や醤油にも乳酸菌は含まれていますし、ヨーグルトを摂取するのも効果的です。セロトニンを増やす乳酸菌は、必要量常に摂取することが大切なのです。

おすすめ人気トピック

ニキビ跡 治す オルビス
ニキビ跡を治すなら、オルビスのクリアシリーズがおすすめ
ダイエット 体重が減らない
ダイエットをしても体重が減らない場合に考えられる理由
ダイエット 手っ取り早い
一番手っ取り早いダイエットって?
エルセーヌ広島
エルセーヌ広島体験予約はここから【地図あり】
エヴァーグレース小顔
エヴァーグレース小顔フェイシャルコース体験談最新版はここから