セロトニンを鍛えるためにやりたい2つのこと

セロトニンには、心のバランスを整える、痛みの調整をする、自律神経のバランスを整えるなどの働きがあります。セロトニンの分泌量が低下すると、ゆううつ、やる気が出ない、朝起きられないなどの不調として現れます。

 

長期間ストレスにされされていると、ストレスがセロトニン神経を弱らせてしまいます。セロトニン神経が弱くなり、そこに強いストレスが加わると、セロトニンの不足でうつ状態になる可能性もあります。

 

では、セロトニン神経はどのように鍛えたらいいのでしょうか。

 

基本は規則正しい生活をすることです。不規則な生活は体内リズムを乱して体のストレスになります。決まった時間に寝起きをして、毎日3食規則正しく食事をすることが大切です。

 

セロトニン神経を鍛えるためにやりたいことが2つあります。

 

1つめは朝日を浴びることです。朝日を浴びるとセロトニン神経が刺激されます。

 

セロトニンを分泌するためには、2500〜3000ルクスの光が必要です。室内照明は100〜700ルクスくらいの明るさしかありませんが、太陽光は晴れの日なら100000ルクスもあります。雨や曇りの日でも5000ルクス程度はあります。室内照明の明るさでは足りないので、外にでて日光を浴びるようにしましょう。

 

朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びます。このときに太陽を直視する必要はありません。デスクを窓辺に移動する、通勤電車で窓側に立つなどもよいです。

 

もう一つやりたいことはリズム運動です。一定のリズムを刻むことでセロトニン神経が鍛えられます。日常生活でできるリズム運動には、ウォーキング、足踏み昇降、咀嚼、深呼吸などがあります。

 

通勤をするときにウォーキングをすれば、朝日を浴びることもできます。一駅分歩く程度でもセロトニン神経を鍛える効果が期待できます。

 

咀嚼にもセロトニン神経を鍛える働きがあるので、朝食を抜かないようにしましょう。よく噛んで食べるようにしてください。普段呼吸が浅くなっている方が多いので、意識して深い呼吸をしてみましょう。

おすすめ人気トピック

足の甲と指脱毛小倉
脱毛小倉人気ランキング最新版はここから
腰脱毛岡崎
腰脱毛岡崎人気おすすめランキング最新版はここから
脇脱毛銀座
脇脱毛銀座人気おすすめランキング最新版はここから
ヒップ脱毛高田馬場
ヒップ脱毛高田馬場人気ランキング最新版はここから
レコーディングダイエット 開始
レコーディングダイエット開始