小腸と大腸の状態をよく保ってセロトニンを増やす

セロトニンはリラックスをもたらす脳内の神経伝達物質です。しかし脳のセロトニン量はわずかで、90%は小腸や大腸などに存在しています。

 

セロトニンには、リラックス作用、痛みの調整、自律神経の調整などの働きがあります。健康で幸せな毎日を送るためには、セロトニンの働きが重要です。セロトニンの分泌量が少ないと、うつ状態ややる気の低下などにつながります。うつ病の人では、セロトニンが少なくなっているといわれています。

 

脳には血液脳関門があるため、小腸や大腸で作られたセロトニンが脳に到達するわけではありません。しかし、腸の状態をよく保って腸で作られるセロトニンを増やすことは重要です。

 

腸の状態がよいと気分がよく、ストレスを感じると腸の状態が悪くなります。このように腸と脳には密接な関係があります。また、腸内でセロトニンの前駆体が作られていて、それが脳に利用されるのではないかともいわれています。そのため、腸の状態をよく保つことが大切なのです。

 

腸の状態をよく保つために行いたいことは3つです。

 

1つめは規則正しくバランスのよい食事をすることです。食べすぎは小腸や大腸の負担になります。ファストフードや肉類など油っぽいものばかり食べると、腸内の悪玉菌が繁殖して腸内環境が悪化します。

 

2つめは乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂ることです。乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで、腸内環境が整います。

 

乳酸菌やビフィズス菌が多い食品は、ヨーグルト、味噌、漬物など発酵食品です。サプリメントを利用するのもよいでしょう。摂取した善玉菌は腸に定住しないので、毎日継続して摂取することが大切です。

 

3つめは善玉菌のエサになる、オリゴ糖や食物繊維を摂取することです。

 

オリゴ糖は単糖類が数個つながった糖類で、消化されにくく大腸に届いて善玉菌のエサになります。たまねぎ、ごぼう、バナナなどに多く含まれています。

 

食物繊維は善玉菌のエサになるだけでなく、便のカサを増やして腸の働きを活発にする作用もあります。野菜、海藻、きのこ、果物などに多く含まれています。

おすすめ人気トピック

鼻下脱毛鹿児島
鼻下脱毛鹿児島人気ランキングはここから
美白エステ金沢
美白エステ金沢人気ランキング最新版はここから
ミュゼ 茶屋町
ミュゼ茶屋町無料カウンセリング予約はここから
メンズ顔脱毛千葉
メンズ顔脱毛千葉もみあげ頬おでこ脱毛おすすめはリンクス
乳輪周り脱毛鳥取
乳輪周り脱毛鳥取人気おすすめランキング最新版はここから