顎ニキビの予防や改善のために摂りたいビタミンとは

お菓子を食べたり、野菜が不足した食事が続くと、あごニキビができた経験がありませんか。肌は食べたものの影響を受けるため、ビタミンの不足はあごニキビの原因になります。

 

あごニキビの予防と改善のためにはビタミンの摂取が大切です。では、どのようなビタミンを摂ったらいいのでしょうか。

 

あごニキビは毛穴がつまることでできます。過剰な皮脂分泌、乾燥、ターンオーバーの乱れなどが、毛穴のつまりの原因になります。

 

ビタミンAには毛穴のつまりを解消したり、ターンオーバーを促す働きがあります。健康な粘膜を作るためにも必要で、皮膚や粘膜の潤いを保ちます。

 

ビタミンAが多い食品は、うなぎ、卵黄、レバーなどです。βカロテンから体内で作ることもできて、βカロテンはほうれん草、モロヘイヤ、かぼちゃなどに多く含まれています。

 

ビタミンB2には皮脂分泌を整える働きがあります。卵、乳製品、うなぎなどに多く含まれています。

 

ビタミンB6はビタミンB2とともに皮脂分泌をコントロールします。新陳代謝を促す働きもあります。かつお、まぐろ、大豆製品に多く含まれています。

 

ビタミンEには血流をよくする働きがあります。抗酸化作用があり、皮脂の酸化を抑制します。かぼちゃ、ナッツ、オリーブオイルなどに多く含まれています。

 

ビタミンCには、メラニンの生成を抑制、コラーゲンの生成を促進、抗酸化作用があります。ニキビが炎症を起こすと、色素沈着やクレーター状のニキビ跡ができる可能性があります。ビタミンCは抗酸化作用やメラニンの抑制作用によって、ニキビ跡を予防します。コラーゲンの生成を促すので、ニキビ跡の改善にも働きかけます。

 

ビタミンCが多い食品は、柑橘類、イチゴ、キウイ、パセリ、ブロッコリーなどです。熱に弱いため、生で食べることがおすすめです。一度に大量に摂取しても排泄されるので、こまめに摂るとよいでしょう。

 

これらのビタミンにあごニキビの予防や改善作用が期待できます。しかし、食事はバランスが大切です。一つのものに偏らず、いろいろな食品を食べましょう。

顎ニキビ治し方おすすめ人気ランキング

ビーグレン(ニキビ跡)

ニキビ跡

顎の下の気になるニキビ跡もビーグレンでスッキリ解決!
顎の下のニキビ跡は自分から見えないけれども、人と顔を合わせて会話をする時に相手の視線が気になってしまうものです。
顎は皮膚が厚い部分であり、ニキビ跡もゴワゴワしたクレーター状になり易いのです。
そんな頑固なニキビ跡も、ビーグレンでケアをすれば改善することが可能です。
ビーグレンは肌の内側からハリを育てるアプローチをしてくれますので、くっきりとしたニキビ跡でも下からふっくらと持ち上げる様にお肌を整えてくれます。
ニキビ跡が深くても時間をかければ他人の視線が気にならないスッキリとした顎を手に入れるのも夢ではありません。

ビーグレン(ニキビ)

ビーグレン(ニキビ)

なかなか治らないニキビもビーグレンで解決、ビーグレンがニキビにいい理由とは
いろいろ試したけれどニキビが治らない方におすすめの化粧品がビーグレンです。
ニキビを治すには洗顔をして清潔を保つことが大切です。しかし、こすると肌が傷つきニキビが悪化します。
ビーグレンの洗顔はこすれず落とすクレイを配合しています。皮脂やニキビ菌を引き寄せて、毛穴の奥まできれいにします。
美容成分を肌の奥に届けることも重要です。ビーグレンは独自技術キューソームを採用しています。キューソームカプセルが美容成分を肌の奥に届けて、ニキビができにくい肌に導きます。

米肌

毛穴汚れもすっきりさせて毛穴を美しくさせる化粧品は米肌で決まり
気になる毛穴汚れに悩まず、毛穴ケアですっきりキレイになれる化粧品があるのです。
すっきりさせて引き締め効果抜群だからすべすべな肌が期待できそうです。
美肌を目指している人におすすめな化粧品は、米肌です。
米肌は毛穴の汚れをさっぱりさせて、肌に潤いも与えてくれるのです。この米肌を使えば、毛穴で悩まされる事もなくなりそうです。これなら効果が期待できそうです。
すっきりキレイな美肌を目指して毛穴ケア頑張ります。

おすすめ人気トピック

敏感肌オールインワン
敏感肌用オールインワン美容液ジェル人気おすすめランキング最新版
ミスパリ銀座店
ミスパリ銀座店体験予約はここから【地図あり】
発毛剤
発毛剤おすすめ人気ランキング最新版
ミュゼ 山梨県
ミュゼ山梨県
もみあげ脱毛 心斎橋
もみあげ脱毛心斎橋人気サロンランキング最新版