どうして夏に顎ニキビができる?その原因と対処方法

夏になるとあごニキビができたり、悪化した経験がありませんか。どうして夏にあごニキビができやすいのでしょうか。

 

ニキビができやすい部位はTゾーンや鼻の周りなど、皮脂分泌が活発な部位です。あごは乾燥をしやすいのですが、皮脂腺が多くニキビができやすい部位です。過剰な皮脂分泌は、毛穴をつまらせてあごニキビの原因になります。

 

あごは汗をかきにくいですが、夏になると汗をよくかくようになります。汗を放置していると、雑菌が繁殖してニキビができやすい状態になります。こまめに汗を拭くことは大切ですが、汗を拭くときの刺激で肌がダメージを受け、これもニキビの原因になります。

 

では、夏のあごニキビはどのように防いだらいいのでしょうか。

 

毛穴のつまりはあごニキビを作るので、洗顔をして清潔を保ちましょう。しかし、過剰な洗顔は必要な潤いを奪い取ってしまい、肌が乾燥することであごニキビを悪化させます。洗顔は朝と夜の2回までにします。

 

洗うときには、洗顔料をよく泡立てて、手が顔に触れないようにしましょう。泡をクッションにして、肌の上で泡を転がすように洗います。

 

あごはすすぎ残しをしやすい部位で、すすぎ残しで毛穴がつまってしまいます。特にあごはすすぎを念入りに行いましょう。

 

夏は肌が潤っている気がして、保湿ケアを忘れていませんか。しかし、夏でも洗顔後は急速に肌の水分が蒸発するので、保湿ケアが必要です。

 

保湿成分には、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、NMFなどがあります。これらが配合されている化粧品で保湿をします。保湿をすることで肌の状態が整います。

 

汗を放置していると、汗の成分をもとに雑菌が繁殖したり、肌がふやけてニキビができやすいくなるので、汗を拭いてください。汗を拭くときには、こすらないように気をつけましょう。こすると肌を守っているバリア機能が低下して、ニキビができやすくなります。

 

夏のあごニキビを防ぐには、毎日の積み重ねが大切です。洗顔や保湿などを毎日丁寧に行って、あごニキビを防ぎましょう。

顎ニキビ治し方おすすめ人気ランキング

ビーグレン(ニキビ跡)

ニキビ跡

顎の下の気になるニキビ跡もビーグレンでスッキリ解決!
顎の下のニキビ跡は自分から見えないけれども、人と顔を合わせて会話をする時に相手の視線が気になってしまうものです。
顎は皮膚が厚い部分であり、ニキビ跡もゴワゴワしたクレーター状になり易いのです。
そんな頑固なニキビ跡も、ビーグレンでケアをすれば改善することが可能です。
ビーグレンは肌の内側からハリを育てるアプローチをしてくれますので、くっきりとしたニキビ跡でも下からふっくらと持ち上げる様にお肌を整えてくれます。
ニキビ跡が深くても時間をかければ他人の視線が気にならないスッキリとした顎を手に入れるのも夢ではありません。

ビーグレン(ニキビ)

ビーグレン(ニキビ)

なかなか治らないニキビもビーグレンで解決、ビーグレンがニキビにいい理由とは
いろいろ試したけれどニキビが治らない方におすすめの化粧品がビーグレンです。
ニキビを治すには洗顔をして清潔を保つことが大切です。しかし、こすると肌が傷つきニキビが悪化します。
ビーグレンの洗顔はこすれず落とすクレイを配合しています。皮脂やニキビ菌を引き寄せて、毛穴の奥まできれいにします。
美容成分を肌の奥に届けることも重要です。ビーグレンは独自技術キューソームを採用しています。キューソームカプセルが美容成分を肌の奥に届けて、ニキビができにくい肌に導きます。

米肌

毛穴汚れもすっきりさせて毛穴を美しくさせる化粧品は米肌で決まり
気になる毛穴汚れに悩まず、毛穴ケアですっきりキレイになれる化粧品があるのです。
すっきりさせて引き締め効果抜群だからすべすべな肌が期待できそうです。
美肌を目指している人におすすめな化粧品は、米肌です。
米肌は毛穴の汚れをさっぱりさせて、肌に潤いも与えてくれるのです。この米肌を使えば、毛穴で悩まされる事もなくなりそうです。これなら効果が期待できそうです。
すっきりキレイな美肌を目指して毛穴ケア頑張ります。

おすすめ人気トピック

40代洗顔料おすすめ
40代洗顔料おすすめ人気ランキング最新版おすすめはこちら
医療レーザー足脱毛新潟
医療レーザー足脱毛新潟人気クリニックランキング最新版はここから
ソシエうるおいたっぷりケア
ソシエうるおいたっぷりケアフェイシャルエステ体験予約はここから
ダイエット フルグラ
栄養分が豊富でダイエットにおすすめのフルグラ
ミュゼ高田馬場
ミュゼ高田馬場口コミ体験談最新版はここから