長い間私を悩ませ続けたあごのニキビ

私は20歳から結婚する33歳まで看護師をしていました。高校生の頃から額や頬に時々ニキビはできていましたが、ひどくはなかったので気にはしていませんでした。社会に出て25歳を過ぎた頃から決まってあごにニキビができるようになったのです。他の場所にはできずあごだけです。

 

食生活の乱れ、運動不足や便秘などが原因かと思いそれらを改善しても良くなりませんでした。ニキビが1つでき、治る頃には別の場所に1つできの繰り返しです。

 

そして皮膚科を受診し塗り薬を処方され塗布すると一時的には良くなりますが、薬をやめるとまたできてしまいます。あごのニキビは途切れることなくでき続け、自分の顔を鏡で見るのも嫌になり、人と会うことさえ苦痛であまり外出しなくなりました。真剣に悩んでいたのです。

 

そして33歳の時、結婚を機に看護師の仕事を辞め専業主婦になりました。その時夫に私のニキビに対し「無意識に手であごを触っている」と指摘されたのです。

 

思い返すと確かにニキビが気になって常にあごを触っていました。汚い手で触ることで、毛穴からばい菌が入り炎症を起こし、できてしまったニキビもなかなか治らずにいたのです。

 

その後あごを触らないようにして、1日1時間くらいのウォーキングを始めたら少しずつ体調が良くなりアあごにニキビができなくなったのです。触らないことが一番の薬なのかもしれません。

顎ニキビ治し方おすすめ人気ランキング

ビーグレン(ニキビ跡)

ニキビ跡

顎の下の気になるニキビ跡もビーグレンでスッキリ解決!
顎の下のニキビ跡は自分から見えないけれども、人と顔を合わせて会話をする時に相手の視線が気になってしまうものです。
顎は皮膚が厚い部分であり、ニキビ跡もゴワゴワしたクレーター状になり易いのです。
そんな頑固なニキビ跡も、ビーグレンでケアをすれば改善することが可能です。
ビーグレンは肌の内側からハリを育てるアプローチをしてくれますので、くっきりとしたニキビ跡でも下からふっくらと持ち上げる様にお肌を整えてくれます。
ニキビ跡が深くても時間をかければ他人の視線が気にならないスッキリとした顎を手に入れるのも夢ではありません。

ビーグレン(ニキビ)

ビーグレン(ニキビ)

なかなか治らないニキビもビーグレンで解決、ビーグレンがニキビにいい理由とは
いろいろ試したけれどニキビが治らない方におすすめの化粧品がビーグレンです。
ニキビを治すには洗顔をして清潔を保つことが大切です。しかし、こすると肌が傷つきニキビが悪化します。
ビーグレンの洗顔はこすれず落とすクレイを配合しています。皮脂やニキビ菌を引き寄せて、毛穴の奥まできれいにします。
美容成分を肌の奥に届けることも重要です。ビーグレンは独自技術キューソームを採用しています。キューソームカプセルが美容成分を肌の奥に届けて、ニキビができにくい肌に導きます。

米肌

毛穴汚れもすっきりさせて毛穴を美しくさせる化粧品は米肌で決まり
気になる毛穴汚れに悩まず、毛穴ケアですっきりキレイになれる化粧品があるのです。
すっきりさせて引き締め効果抜群だからすべすべな肌が期待できそうです。
美肌を目指している人におすすめな化粧品は、米肌です。
米肌は毛穴の汚れをさっぱりさせて、肌に潤いも与えてくれるのです。この米肌を使えば、毛穴で悩まされる事もなくなりそうです。これなら効果が期待できそうです。
すっきりキレイな美肌を目指して毛穴ケア頑張ります。

おすすめ人気トピック

乳輪周り脱毛蒲田
乳輪周り脱毛蒲田人気おすすめはミュゼ最新版はここから
太もも脱毛船橋
太もも脱毛船橋人気ランキング最新版はここから
ダイエット 上半身 肩甲骨
上半身のダイエットには、肩甲骨を良く動かすのが効果的
背中脱毛福島
背中脱毛福島郡山人気おすすめランキング最新版はここから
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ人気の秘密はここから