うつ病のサインを見逃さないために

うつ病にはいろいろな症状が現れますが、その典型的なものを幾つかご紹介します。
症状は、精神的なものと身体的なものに分かれ、大抵の場合は紹介する症状の内の幾つか、またはここには書いていない症状も併せて複数を併発します。
精神的な症状の具体例としては、「不安、怒り、悲しみ(マイナス感情)」「無気力」「頭が回らない(何も考えられない)」「自殺・自傷行動」が挙げられます。
マイナス感情はうつ病の最大の症状とも言えるもので、始めのうちはちょっと嫌な予感がする、ちょっとした不安を感じ易くなる程度のことから始まり、病状が進むと理由もなく突然泣き出すことさえあります。
無気力なので何かをする気が起きず、今までは何気なくしていたこと、出来ていたことも難しく感じるようになったり出来なくなってしまいます。
頭が回らないという症状は、初期の段階では勘が鈍ったりアイディアが出て来なくなったりすることから始まり、記憶力の低下や暗算などの計算が苦手になるなど徐々に出来ないことが増えていきます。
頭が回らなくなると仕事への影響が大きく、仕事が上手くいかないことで周囲へ迷惑をかけているという自責の念からうつ病が悪化する切っ掛けにもなります。
マイナス感情と無気力、そして頭が回らなくなる症状を併発すると、口を開くことも億劫になり、家族とさえ喋れない、食事もごく少量しか食べられないという状態にまでなってしまいかねません。
そうする内に、マイナス感情の爆発や生きることを放棄したいという思いから、自殺や自傷行動を起こすようになってしまうのです。
身体的な症状としては、「不眠、眠り過ぎ(睡眠の異常)」「慢性的な体の痛み」「食欲の増減」「胃や腸の具合が悪くなる」「目や耳の具合が悪くなる」といったものが代表的です。
眠れなくなる人がいればほぼ一日中寝て過ごすようになった人がいたり、肩凝りが酷い人がいれば体のあらゆる部位に痛みを覚える人もいます。
食欲が増加するか減退するかなど、人によって訴える症状に幅があるのが身体的な症状であり、ここには書いていない症状が出てくるケースもあります。
胃腸の具合はうつ病に限らず、ストレスがかかると悪くなる人が多いようです。
胃のムカつきや便秘、下痢のために内科にかかっても、うつ病やストレスからくる症状で合った場合は胃腸自体に直接の原因があるわけではないため内服薬の効果が薄いことがあります。
難聴ぎみだったり耳鳴りがしたり、目眩が止まらないといった目や耳の症状も同じで、目や耳に原因があるわけではないので眼科や耳鼻科では症状の原因が分からない場合があります。
このように、うつ病にかかると精神的、身体的に様々な症状が複数現れ、それまで送っていた普通の生活を送ることが困難になってしまうのです。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

ダイエット 手っ取り早く
手っ取り早く一気にダイエット
アンチエイジングスキンケア
アンチエイジングスキンケアおすすめはこちら
リンクス立川
リンクス立川で髭脱毛体験談最新版はここから
医療レーザー腕脱毛立川
医療レーザー腕脱毛立川人気クリニックランキンググ最新版はここから
全身脱毛青森
全身脱毛青森人気ランキングはここから