抗うつ剤は気分にかかわるセロトニンを増やす薬

うつや不安など気分にかかわっている物質がセロトニンです。うつ病はセロトニンが不足しているといわれ、セロトニンを増やすために抗うつ剤が使用されることがあります。

 

抗うつ剤としてよく利用されるのが、SSRIやSNRIです。近年は副作用が少ない抗うつ剤が開発されています。

 

セロトニンなどの神経伝達物質は、シナプスを通じて伝達されています。シナプスは1本の線のようにつながっているのではなく、シナプスとシナプスの間にはすき間があります。

 

SSRIはシナプスから放出されたセロトニンを再回収するタンパク質に選択的に働きかけて、セロトニンの吸収を阻害します。セロトニンの不足を解消する働きがあります。

 

SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再吸収を阻害する薬です。ノルアドレナリンも気分に関係する物質です。

 

抗うつ剤は医師や薬剤師の指示に従って飲んでください。1日に飲む量を守りましょう。

 

飲んですぐに変化があるものではなく、10日ほどして変化を実感できる方が多いようです。場合によっては、10日以上かかることもあります。すぐに変化を実感できないからとやめるのではなく、医師の指示に従って飲むことが大切です。

 

副作用としては、便秘、吐き気、眠気、のどの渇きなどがあります。飲み続けることで副作用が軽減することもあります。副作用がつらい場合は、医師に相談をしてください。

 

抗うつ剤は依存性があり怖いと思っているかもしれませんが、近年販売されている抗うつ剤は依存性がないものが多くあります。リタリンなどは習慣性がありますが、一般の抗うつ剤は習慣性がなく、よくなれば一生飲み続ける必要もありません。

 

症状がよくなってもすぐに薬の服用をやめるのではなく、しばらくは飲み続ける必要があります。いきなりやめと、反動で症状が戻ってしまうことがあります。薬の服用をやめるときは、2〜3週間ほどかけて徐々に量を減らしていきます。

 

気分にかかわっているセロトニンを増やすには、規則正しい生活も大切です。早寝早起きをして、起きたら朝日を浴びることでセロトニンの分泌がよくなります。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

ミスパリ上野
ミスパリ上野でフェイシャル体験予約はここから
エルセーヌ心斎橋
エルセーヌ心斎橋体験予約はここから【地図あり】
フェイシャルエステ岡山
フェイシャルエステ岡山人気ランキング最新版はここから
お腹脱毛島根
お腹脱毛島根人気ランキング
背中脱毛金山
背中脱毛金山人気おすすめランキング最新版はここから