生理前はセロトニンが減るのでうつ症状になりやすい

友人と比較してみても、私の生理前の症状はどちらかというと軽い方でした。ですが、年齢とともに少しずつ変化が出てきたのです。生理前になってしまうと、落ち着きがなくなるような症状も感じましたし、時々神経が高ぶり周りに八つ当たりしてしまうこともあります。

 

また、眠る前にドキドキしてしまい何回もお水を飲むこともありました。もともと冷え性の症状もあるので、眠る前に水などは飲まない方が良いと思うのですが、この時期には喉も乾きやすくなり、精神的な焦りから水を飲む量も増えてしまうのです。

 

自律神経の働きが乱れてしまっているのか、生理前には様々な症状が起こり、まるでうつ病のような状態でした。行動力もなくなってしまうので、仕事面でもかなりの影響があります。いわゆる生理前症候群という症状もありますが、これほどまでに精神的な症状が発生するのは、どうしてなのだろうと考えてしまいました。

 

調べてみると、生理前というのはセロトニンが不足しがちになるのです。セロトニンというのは、いわゆる和や幸福感を与えてくれる脳に作られる成分だといわれています。不足してしまうと落ち着きがなくなってしまったり、うつ病のような状態にもなるのです。

 

セロトニンが不足すると、不眠状態のような状態になってしまったり、偏頭痛の症状も起こしやすくなります。また、年齢的な体質の変化によっても、セロトニンというのは減少するものなのです。それを知ってからセロトニンの増やすような行動も心がけるようになりました。

 

セロトニンを増やしてくれる食物もあるそうですが、一般的には脳内のセロトニンを増やすまでの効果が無いとも言われています。むしろ軽いウォーキングをしたり、日光を浴びた方がセロトニンを効率よく増やすこともできます。

 

仕事柄外に出ることもあまりできない状態でしたが、しっかりと日光浴びながらリラクゼーションした状態で歩くように工夫していきたいと思っています。実際に毎日のように歩くようになると、生理前の症状もかなり安定してきています。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

はははのは口コミ
はははのは口コミ効果体験談評価はここから
キャビテーション痩身
エステキャビテーション体験人気ランキング最新版
エイジングケアエステ
エイジングケアエステおすすめ人気ランキング最新版はここから
ダイエット 成功 奥さん 愛
義兄がダイエットに成功!その裏には奥さんの愛。
うつ病 上司 パワハラ
会社で上司のパワハラにあい、うつ病を患ってしまった