抗うつ剤パキシルの副作用のむくみが酷いときにはどうすればいい?

抗うつ剤を服用する際には副作用があることを理解しておかなければいけません。
パキシルは抗うつ剤として、うつ症状などのある方に処方される薬です。
強いストレスなどによって脳内のセロトニンが減少することを防ぐことができ、うつ症状やパニック症状を緩和する効果があり、多くの方が服用しているメジャーな抗うつ剤です。

 

しかしながら、パキシルを服用すると、副作用としてむくみが出ると言われています。
パキシルの服用によって、体の代謝機能が低下し、代謝がうまくいかなくなることが原因でむくんでしまうのです。
さらに太りやすくなってしまうという副作用もあるため、ますますむくみを感じてしまいます。

 

特に顔のむくみについては、女性にとってはとても大きな問題ですよね。
顔がむくんでしまうと、外出が億劫になってしまったり、自分に自信が持てなくなってしまって、かえってうつの状態が悪化してしまいかねません。
それでも、副作用を避けるために抗うつ剤の服用を自分で勝手に中止してしまうと、せっかく改善していた症状が元に戻ってしまうこともあるので、服用を中止することも困難です。
そうなると、副作用とも付き合いながら抗うつ剤を服用していかざるを得ません。

 

そんなときには、顔のむくみを少しでも緩和させるよう、リンパマッサージなどのマッサージが効果的です。市販で安い値段で売っているカッサやローラーなどを使ってもいいかもしれませんね。
マッサージをすることによって肌に刺激を与え、またリンパの流れを促すことで代謝機能を上げることができるので、むくみ解消が期待できます。
首をぐるぐると回したり、肩を上下に動かしたりすることも、首まわりの血流を良くしてくれるので、むくみには効果があります。

 

ただ、抗うつ剤の服用によってむくみが酷いときには、こういったセルフケアをして少しでもむくみ解消をするとともに、医師に相談をして可能な範囲で用量を減らしたり、抗うつ剤の服用に頼らない方法にシフトしたりできるようにしてみて下さい。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

たかの友梨松戸
たかの友梨松戸体験予約はここから【地図あり】
大阪 ダイエット
大阪ダイエットおすすめ人気ランキング最新版
田七人参の効果
田七人参農薬。糖尿病に大きく関係している活性酸素。その活性酸素対策にかなりの効果を発揮するのが、田七人参なのです。副作用も全くなく、安全・安心の田七人参は白井田七なのです 通販で!
顎ニキビ ぶつぶつ
顎ニキビだと思っていたぶつぶつは実は顎ニキビではない?
パーフェクトボムブースター
パーフェクトボムブースター口コミ効果体験談最新版