うつ病治療に使う薬

うつ病の治療には、様々な薬が使われます。

 

まず、一番重要となるのが抗うつ薬です。抗うつ薬は、脳内のセロトニンの分泌をコントロールし、脳の働きを正常に近づける薬です。SSRIやSNRIといったものが主に使われます。

 

次に、補助的に使われる薬として、抗不安薬と睡眠薬があります。抗不安薬は、気持ちを落ち着けて不安を取り除く薬で、睡眠薬は自然な睡眠をサポートする薬です。これらはうつ病の諸症状の緩和をサポートするために使われます。主に、ベンゾジアゼピン系という種類が使われます。

 

うつ病治療に際して、使用する薬を決めることは難しいことで、飲み始めても薬が身体に合わないこともあります。そのような場合はすぐに主治医に相談し、自分にとってベストな薬の組み合わせを見つけるようにしましょう。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

永久脱毛心斎橋
湘南美容外科心斎橋で医療レーザー脱毛体験はここから
商品別
自宅で歯のホワイトニング通販おすすめはここから
30代バストアップ
30代バストアップサプリおすすめ人気ランキング最新版
乾燥肌エステ川口
乾燥肌エステ川口人気ランキング
TBC博多
TBC博多で永久脱毛体験はここから