薬じゃ治らない?うつ病による不眠への勘違い。

老若男女問わず、働く大人が陥りやすいうつ病。
その落とし穴はフレッシュな新入社員から、まじめに働いてきた中年のサラリーマンの近くにまで潜んでおり、「新型うつ病」というものまで耳にするようになった。
うつ病の初期症状の代表的な例として、「寝つきの悪さ」がある。今回はこの「寝つきの悪さ」についての勘違いを紹介したい。

 

精神的なストレスによる入眠が困難な場合、精神科を受診すれば睡眠導入剤や精神安定剤を処方される。
これらの薬を服用することによって寝つきの悪さは改善されることが多い。
その際守らなければならないものが「用法・用量」である。
薬の性質上、特に丁寧に説明される事もあるだろう。
実はこの「用法・用量」が睡眠導入剤や精神安定剤への勘違いを生んでいるのだ。

 

先にも述べたとおり、うつ病に悩まされる大人には仕事上で「まじめな人」「責任感の強い人」が多い。
このような人達は医者から受けた説明をきちんと守り、寝る前には必ず処方された薬を飲み、毎日を過ごす人も多いだろう。
ところが、これらの薬には入眠を手助けする効果はあっても、不眠を「治す」力は持っていないのである。
その事に気づかず真面目に薬を飲み続けるとどうなるか。
それは、薬が無ければ眠れない状態、言わば「依存」を引き起こしてしまうのである。

 

もちろん、眠れずに何日も徹夜状態が続き、身体的な問題で倒れてしまうくらいなら、少々薬に頼って眠りにつく方がよいかもしれない。
しかし、症状の原因はあくまで「ストレス」によるものである。
「寝つきの悪さ」を根本から改善し、治してくれる一番の良薬くはストレスの減少・解消である。
薬と上手に付き合いながらも、徐々に薬無しで生活できるよう、医師と相談しながら生活を見直していくことが大切だといえるだろう。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

脱毛 キャンペーン はしご
脱毛 キャンペーン はしご!効率的に脱毛できる人気ランキング最新版はここから
足の脱毛
足脱毛人気ランキング最新版はここから
アデランス札幌
アデランス札幌無料増毛体験談詳細はここから
うつ病 原因 同僚
同僚が原因でうつ病になりかけています。
太る方法プロテイン
太る方法プロテインを紹介します