私が体験したうつ病の症状の傾眠症

うつ病の症状の一つとして、不眠症がよく知られています。

 

私はうつ病から回復したばかりですが、罹患中は眠くて眠くてたまりませんでした。
異様に眠り続けてしまう症状でした。これを傾眠症(けいみんしょう)もしくは過眠症(かみんしょう)と言います。

 

不眠症に対して、傾眠症は知っている人がとても少ないです。
専門知識がない人で、私の周囲で知っている人は皆無でした。

 

症状は、朝も昼も夜も区別なく、本当に眠り続けてしまうのです。

 

お手洗い以外は、三日間も四日間も昏々と眠り続けます。
お風呂も、シャワーを浴びる元気さえありません。
おなかはペコペコにすくけれど、きちんと食事をする元気もありません。
お手洗いに起き上がったついでに、そこら辺にあるバナナやパンをパパッと食べ、再びすぐに眠ってしまいます。
食べ物が何もなければ、そのまま眠ります。
キッチンに行き、食べ物を探す元気などないのです。

 

やっとの思いで起き上がれたと思っても、2〜3時間も座ってボーっとしていると、もう体力が限界です。
また布団に入り、眠ります。

 

とにかく体が鉛のように重く感じ、強い倦怠感に襲われ、まるで体が磁石となり床に吸いつかれているような感覚です。

 

私は、この症状を一年半も体験しました。
フローリングに布団を敷いて生活しているのですが、布団のみならず床まで寝汗でカビました。

 

一年半の間、家族がときどき布団を干してくれました。
ついには、布団乾燥機まで買ってくれました。

 

それでも、ひたすら眠り続けているので、布団を使わない時間がなかったのです。

 

渦中の時は苦しくてたまりませんでしたが、今となっては、とても面白い体験しました。

 

この体験を忘れずに、傾眠症で悩んでいる方の良き理解者でありたいです。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

医療レーザーお腹脱毛京都
医療レーザーお腹脱毛京都人気クリニックおすすめめ最新版はここから
ダイエット 三日坊主 基本
ダイエットは三日坊主が基本です!
メンズ顔脱毛宇都宮
メンズ顔脱毛宇都宮もみあげ頬おでこ脱毛おすすめはリンクス
キャビテーション奈良
キャビテーション奈良おすすめ最新版はここから
ミュゼグラン大宮
ミュゼグラン大宮口コミ体験談最新版みはここからクリック