40歳うつ病体験談、双極性障害の発症から症状が落ち着いた今の状態が寛解

私は今40歳です。私のうつ病の発症から症状が落ち着いた今の状態(これを寛解といいます)に至るまでのことを書きたいと思います。

 

私の発症は2007年6月頃でした。ちょうど、仕事上で普通の一般社員から、グループリーダーという、プレイングマネジャー的な職に抜擢されてから半年後くらいでした。まだこの頃はうつ病の知識も全くなく、周囲もうつ病に対する社会的関心もほとんどない状態でした。

 

症状は急にやる気がなくなり、机に伏せるようになってため息ばかりつくようになりました。また夜、うまく睡眠がとれず、常にボーっとした状態になっていました。これはおかしいと思い、いきつけの内科医に行きましたが原因はわからず、そのうち仕事に行けなくなってしまいました。そこで心療内科を見つけて診察してもらうと、うつ病との診断でした。
まず3か月休んでくださいと言われました。

 

休んでいる間も気持ちがイライラしっぱなしで、家の中で1階と2階を1日に何度も往復したりしていました。
薬の副作用で便秘になったりもしました。そして薬を色々変えてみるのですが、どうも合うものがない状態が続き、これはおかしいと思い、思い切って別の病院(大学病院)に変更してみました。

 

その結果、私の病気はうつ病の中でも、双極性障害(そううつ病)ということがわかりました。普通のうつ病とそううつ病では名前や症状は似ていますが、薬の処方は全く違います。ここで初めて自分に合う薬に巡り合え、容体が安定しました。

 

それから約2年、病状は安定し、仕事にも復職でき、普通の暮らしをすることができています。

うつ病の治療・予防・対策おすすめ人気サプリメント

マインドガードDX

マインドガード

憂うつをサポートする成分がぎゅっと詰まったサプリメントはマインドガード
毎日憂うつ、何をするのもおっくう、こんなことがありませんか。憂うつなときはセロトニンが不足しているといわれています。セロトニンを作るために必要なのがトリプトファンです。
トリプトファンは必須アミノ酸で食事から摂取する必要があります。しかし、食事を変えるのは難しいですよね。そんなときにサポートするのが「マインドガード」です。
マインドガードはトリプトファンをはじめとし、グリシンやギャバなどリラックスのための成分が含まれています。吸収率が高いドリンクタイプ。91%が飲みやすいと回答しています。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

大人のニキビ あご
大人のニキビがあごに出来てしまう理由と改善方法について
ボニック EMS
ボニックのEMSで、痩せたい部分に当てるだけで痩せられる!
スリムビューティーハウス渋谷
スリムビューティーハウス渋谷体験予約はここから【地図あり】
髭脱毛浜松
髭脱毛浜松人気おすすめランキング最新版はここから
松江エステ
松江エステおすすめ人気ランキング最新版