パニック障害が酷くて働けない場合は生活保護も視野に入れましょう

パニック障害の方は外出がとても苦手ですね。
一度パニック障害の発作を起こしてしまうと、死ぬかと思う程の恐怖を味わいますから、予期不安が強くなり、発作を起こした時の事を考えて余計外出が出来なくなります。

 

これを繰り返すと悪循環に陥ってしまい、到頭通常の仕事には就けなくなってしまいます。
本人も焦れば焦る程症状が悪くなりますから、まずは治療に専念することが大切です。

 

今は良い薬が何種類か出ていますから、医師と相談して自分に最も合う薬を見つけ、焦らず急がず段々と外出に自信を持てるようにするのがベストです。

 

又、本人も困って努力しているので、家族や周囲の人達も「頑張ってね」という声を掛けるのは厳禁です。
明るい態度で接し、外へ出られた時は一緒に喜んで上げるのが一番です。

 

又、日本には「生活保護」という制度があります。
これは最低限の生活を保障する、という社会制度です。
ですから、どうしても通常の仕事が出来なくなってしまったも、まずは心を落ち着けて生活保護に頼ることを考えましょう。

 

生活保護は、何百坪の家屋を持っていたり、定年前の両親と同居しているような場合は申請が出来ないこともありますが、そのような人はとっくに働けない状況をある程度解決出来ているでしょうから、生活保護の必要は無いでしょう。

 

ただ、殆どのパニック障害や広場恐怖症の人達は貯金を切り崩して、将来に不安を感じながら暮らしています。
そういう人は、無理や遠慮をせず是非生活保護の申請をして下さい。

 

生活保護は福祉事務所か役所の福祉課で受け付けています。
又、本人がどうしても外出出来ない状態の場合は、来訪して申請することも出来ます。

 

ただ、現在の日本では生活保護の申請を原則受け付けない福祉事務所があるのが現状です。
もし、親身になってくれない、キツイ感じで断られる、といった態度を相手側に取られたら、「生活保護の申請をしに来ました!」ともう一度しっかり言いましょう。

 

他に、生活に困っている人達の相談に乗ってくれる窓口もありますので、申請に行くのが不安な人は、まずこちらに相談してみることもお勧めします。

 

1.東北生活保護利用支援センター
2.首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
3.NPO法人 自立生活サポートセンター やよい
4.北陸生活保護支援ネットワーク石川
5.東海生活保護利用支援ネットワーク

 

他にも関西や四国と、全国にこういった窓口がありますので、パニック障害で生活に困っている人はすぐに相談すると良いでしょう。

パニック障害サプリおすすめ

マインドガードDX

マインドガード

マインドガードはこころのケアができる数少ないサプリメントです!
健康のためのサプリは数々ありますが、マインドガードはこころのサプリです、マインドガードを飲むことによってしっかりとした休息を取ることができるようになります。
毎日朝の寝起きが悪い方や朝起きても疲れが残っているという方はもちろんパニック障害のような心の病にもマインドガードは効果的に作用します、実際パニック障害で悩む方の多くがマインドガードを愛飲されています。
マインドガードは薬ではありません、休息に必用な栄養素をサポートしてくれる健康サプリメントですから副作用の心配がないのが安心できます。

 

心の悩み

おすすめ人気トピック

クラチャイダム
クラチャイダム金時生姜サプリで冷えが改善しましたはここから
ダイエット 走る コツ
ダイエットならゆっくりながーく走るのがコツ
浦和 エステ
浦和エステおすすめ人気ランキング最新版
豊胸札幌
豊胸クリニック札幌でおすすめはここ!なら湘南美容外科クリニックがオススメ!
たかの友梨横浜
たかの友梨横浜体験予約はここから【地図あり】